スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Party Hard Goのススメ

Party Hard Go とは

steamで出ているParty Hardのapp store版。

iPad対応。日本語訳付き。GameCenterと同期するがオフラインで動作する。

プレイヤー自ら殺人鬼となって、やかましいパーティ客を全員殺害していくゲーム。これだけ読むとなかなかヤバい。

作者は最近のクラブミュージックのブームに対して何か恨みでもあるのだろうか。

購入ポイント

正直普段私がやらなかったタイプのゲームだったがセール中で120円と安かったのと、実際プレイしてみると予想以上にステルスゲームとしてよく出来ていたので非常に満足している。

ステージクリア後のストーリーパートも雰囲気作りに一役買っていた。

またパーティで流れている曲も盛り上がるのでノリノリで進められて退屈しない。

全12+7ステージで休日1〜2日でクリア出来る量だが、タイムアタックや隠しキャラで遊んでいると結構飽きないボリューム。

豆知識

攻略情報は他のサイトを見れば詳しく載っているのでネタバレにならない地味なテクニックだけを紹介しておく。

  • かなり近づかないと攻撃が当たらないので相手を通過するくらいのつもりで移動すると上手くいく。
  • 操作はtouchとvirtualがあるので操作しやすい方を選択すると良い。個人的には移動が楽なtouch派。
  • 死亡またはメインメニューに戻ると罠の配置が変わる場合がある。これを利用して車や毒といった強力な罠を出現させられると難易度が一気に変わる。
  • 扉を使ったワープで警官を撒くとどこからともなく赤帽子の某配管工が現れて扉を封印しに来る。その際そいつを攻撃すると完全無敵な上に必ず返り討ちにあう。パーティ客に混ざっている時は多分コスプレなので普通に倒せる。
  • 搬送者が多いと救急隊が来るが救急隊も何故か無敵でやはり返り討ちにあう。
  • 警官を罠で倒すとFBIが追加されて非常に厄介過ぎるので、FBIまで仕留める余裕がないなら警官を倒さない方が賢明。
  • 警官やFBIの他に警備員特殊部隊ゾンビドラキュラも攻撃してくる。またパーティ客に犯行現場を見られると襲われる事がある。
  • ダメージは2段階あるようで、軽い攻撃だと1段目は昏倒し2段目は死亡する。
  • 一部の隠しキャラとアイテムには一度の攻撃で複数の相手に当たるものがある。逆に言えば普段は1体にしか当たらないので纏まった敵を一度に相手するのは非常にキツい。
  • 通報されなければ警官が来ない事を利用して、電話機の前で待ち伏せして通報者を連続で倒してしまう小技が便利。

残念な点

  • iPhone5sでプレイすると最終2ステージで動けなくなるバグがあった。iPad miniでは起こらなかったので最近の機種なら全く問題ないと思う。
  • 正直操作性に慣れるまでにだいぶ時間がかかったし、クリア後でも操作ミスが起きるくらいだったので操作性ならPC版が一番だと思う。その次にiPadで最下位がiPhone。

まとめ

普段対戦ゲームばかりプレイしていたので、久し振りに食わず嫌いせずに買って良かったと思えたゲームだった。

一時停止もあるので隙間時間に少しづつ進められるのがアプリ版のメリットだと思うが、人に見られるとヤバい奴だと疑われるかもしれない。

以前10分かかったステージが2分台でクリア出来たり、殆どステルスせず正面突破でクリア出来るようになったりプレイヤースキルの成長を感じられるゲームだと思った。

ステルス、死にゲー好き以外の方にも是非プレイして欲しい。

スポンサーサイト

Clash of Clans 序盤の進め方をざっくり解説

前置き


前回に引き続き解説シリーズ。


スマホ向けゲームClash of Clansで序盤迷子になってしまった私の様な人間を生み出さない為のまとめ。


工程



  1. まず初めに金山、エリクサーポンプ、金庫、エリクサータンクを強化する。
    資源が足りなければ左下の攻撃ボタンから相手を探して稼ぐ。 シングルでもマルチでも構わないがマルチの方が多くの資源を獲得できる可能性が高い。

  2. 兵舎レベル2まで上げておくとアーチャーが使用できるのでバーバリアンと組み合わせる事で稼ぎやすくする。

  3. 兵舎レベルを4にしてゴブリンを解禁すると、このユニットだけで序盤の資源稼ぎは事足りてしまう。
    更にアーミーキャンプを強化することで多くの兵を連れて行けるようになり効率が上がる。
    また、マルチの資源稼ぎの場合は必ずしも勝利条件を満たす必要はなく、十分奪うことが出来たら撤退するのもアリ。

  4. 大工の小屋を増やすことで一度に強化できる設備の数を増やす事が出来るがエメラルドを消費するので無理に建設しなくても良い。

  5. これらの強化をを繰り返し、タウンホールが強化出来る様になったら3レベルまで上げる。
    これまで通り資源稼ぎをしながら金山、エリクサーポンプ、金庫、エリクサータンクを強化するとクランの城を建てる事が出来る様になる。

  6. クランの城を建てて、他の人の作ったクランに入る。
    クランの城をタップして検索する事も出来るが、まずは画面左側のグローバルチャットから探す事をオススメする。


城の建設後


グローバルチャットで何か一言発言をするとおそらく様々な人からクランに入るように誘われる。


クランを選ぶ基準としては、寄付数の多いクランレベル5以上の所がオススメであるがあまり迷わずに入ってしまっても問題ない。


もしクランの雰囲気が合わないと感じたら脱退すれば良いだけである。


こうして無事クランに参加出来たらひとまず一段落である。


クランに入るとクランのメンバーから援軍を貰う事が出来る様になるので資源稼ぎ効率が更に上がる。


もし分からない事があればクランチャットを利用して聞く事が出来るので、積極的に質問しよう。


ちなみにここまでは防衛設備(大砲や壁)を建設をしなくても進める事が可能だったかもしれないが、徐々にきつくなっていくのでそちらの強化も進めていきたい。


まとめ


ここから先はクランメンバーやグローバルチャットの方々に質問すればお節介なほどに教えてくれるはずである。


序盤の内は非常に退屈な強化が続くことが予想されるが、タウンホールレベルが上がると非常に面白いゲームになるので是非懲りずに村を強化していただきたい。

ポケモンORASダブルバトルを超ざっくり解説

前置き


初記事なので書き易い内容で。


これを読めば勝ち負けは別として、なんとか戦えるくらいにはなるかもしれない。


本編をクリアしている事を前提に進めていくのでまだ未クリアの方はなんとなくで読んで頂きたい。


バトルの解説に入る前に、3値を知らない方向けに。


3値


非公式な呼び名だが、種族値、個体値、努力値の3つを合わせて3値と呼ぶ。


簡単に言えばポケモン1体1体のステータスを決める3つの数値である。


種族値はピカチュウならすばやさが高いとかイシツブテならぼうぎょが高いとかそんなの。


個体値はHP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さ1つ1つそれぞれに対して0から31の数値が割り当てられており、同じレベルのピカチュウ同士でもステータスに差が出るというもの。


努力値は敵を倒すとステータスに加算される。タウリンとかでも上がる。


もの凄く重要な要素だが詳しく解説しているサイトが大量にあるのでここでは省く。


私より遥かに分かり易く解説しているはずである。


ダブルバトル


雑に纏めた所で、早速ダブルバトルについて説明していく。


ダブルバトルはシングルと違いお互い2体ずつ出して戦う為、どちらの相手を攻撃するか選択する事になりそこで読み合いが生まれるのがシングルとの違いである。


また、対象を取らないで全体を攻撃する技もある。


ここではシングルとの違いが大きいものを中心に解説していく。


防御技



  • まもる(みきり)
    ダブル最強技。取り敢えず入れておけばOKなほど。攻撃されそうな味方は守り、相方で殴るのが基本。
    相方の頑張り次第では次のターン攻撃出来る様になっていたりいなかったりする。

  • ワイドガード
    ねっぷうやじしん等の全体技から味方両方を守る優秀な技。こちらは通常攻撃には無力。

  • ファストガード
    でんこうせっか等の先制技のみを無効化する。相方も守れる優秀さと、通常攻撃は普通に通すポンコツさを併せ持つ。


主にねこだましやファイアローのはやてのつばさブレイブバード、特性いたずらごころの変化技無効を目的に入れることが多い。


この他にも防御技はあるのだが、基本的にはこれらを使うことが多い。


攻撃技



  • フェイント
    まもるファストガードワイドガードを無効化しながら残念な威力で攻撃する先制技。
    防御技に頼っているとかなりキツイ一撃になる。

  • ねこだまし
    ポケモンを出したターンのみ使える、相手を怯ませる先制技。ずるい。
    ほぼ確実に相手の片方を止められるので相方が動きやすい反面、ねこだましを持つポケモンは警戒されやすいので注意。

  • 全体技
    じしんやねっぷうは全体に当たる。その際、シングルと違って1体毎のダメージが下がってしまうので注意。
    フェアリースキン(スカイスキン)ハイパーボイスが特にヤバい。

  • 先制技
    ファイアローのブレイブバードは強い。メガガルーラとメガクチートのふいうちも強い。
    強い。


変化技



  • このゆびとまれ、いかりのこな
    相方への攻撃を自分に向ける先制技。
    ねこだましは止められない。全体技も止められない。
    いかりのこなは草タイプと防塵ゴーグル持ちのポケモンに無効。特性ぼうじんにも無効。

  • おいかぜ、でんじは、こごえるかぜ、トリックルーム
    おいかぜは5ターンの間味方の素早さを倍に、でんじはは相手の素早さを4分の1に、こごえるかぜは相手全体の素早さランクを1段階下げ、トリックルームは5ターンの間全員の素早さを反転させる。
    お分かりのようにこれらは素早さに関わる技であり、かなりの確率で持たせていることが多い。
    どのルールにおいても言える事だが、ポケモンは先に動いた方が有利なゲームである。
    その為、1ターンかかる技を使ってでも先手を取る事が重要になってくる。


特性



  • いかく
    場に出るだけで相手2体の攻撃ランクを1段階下げる。
    ORAS環境では物理攻撃力の高さが重要になるので相対的に価値が高まっている。
    メタ特性のまけんき、かちきも人気がある。

  • いたずらごころ
    変化技を先制して放つことが出来る。勘弁して。
    ほぼ確実に1度行動出来る為、おいかぜやでんじはで場を整えたり、いばるで運ゲーを仕掛けたり出来る。ファストガードで防がれる。

  • フェアリースキン、スカイスキン
    ノーマルタイプのタイプをフェアリー(ひこう)に変え、更に技の威力を1.3倍にするビックリ特性。
    ハイパーボイスを変化させる事が多い。


このスキンハイボを受ける為に鋼タイプを入れていると言っても過言ではないかもしれない。


まとめ


ここまで雑に解説してきたがなんとなく分かって頂けただろうか。


ダブルの対戦環境を強引に一言でまとめるなら「猫指ワイガ等で補助しながら素早さ変化で先手取って高威力の技を通す環境」と思って頂いてもそう間違いではない。


長々と解説してきてこんな事を言うのもなんだが、百聞は一見にしかず。


数回対戦すれば大体分かるので、エアプせずに挑戦してみて欲しい。

プロフィール

エアプ小僧

Author:エアプ小僧
ゲームしたりしなかったり一貫性がない

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。